MAXIMUM LIFESPAN SocialTwist Tell-a-Friend

MLの予告編

 
場所

- ボストン 2128年


ボストン 2128年

クローン暴動の後、市の権力者達は重要なバイオテクノロジー企業と超富裕層から人道主義者を遠ざけるために壁を建設した。

- メトロの壁


メトロの壁

社会全体が不安に陥ると、抗議活動者は必要なあらゆる手段を介して壁の外に追いやられ、夜間外出禁止令も徹底される。

- シンビオジェネシス本社


シンビオジェネシス本社

ケン・ギャレット博士が経営するバイオテクノロジー企業。寿命を延ばすテロレストアのメーカー。テロレストアは精神安定剤とともに吸引され、大半の富裕層が使用している。

- シンビオジェネシス本社 - 地下7階


シンビオジェネシス本社 - 地下7階

違法な臓器摘出のために頭部のクローンが製造されていることが明らかになり、2099年に短期間ではるものの残酷な階級間の争いが起こった。施設が再び運営されているという噂が人道主義の抗議活動者の怒りに再び火を付けた。

- シンビオジェネシス本社 - 地下8階


シンビオジェネシス本社 - 地下8階

超富裕層の市民が思考エミュレーターにつながれた状態で「切断された」頭部として生存している。家族は高額な料金を支払い、「三途の川を渡りかけている本人」に仮想面会している。

- シンビオジェネシス本社地下 - 地下9階


シンビオジェネシス本社地下 - 地下9階

向精神薬の投与と睡眠制限を基に、デジタルアーカイブ、もしくは生きている被験者を利用した意識転送が可能となる。

- 禅寺、日本


禅寺、日本

静かな環境の中、ケン・ギャレット博士の離縁中の息子、ウィル・ギャレットは瞑想し、父親が低温死するのを待っている。殺害警告があり、ボストンへの帰郷を迷う。

- 病院


病院

テロレストアや人工の臓器移植を拒む人道主義者が死を迎える場所。それ以外の人にとっては、臓器のメンテナンス、アップグレード、またはリコールのために訪れる自動車の修理工場のような存在。これらはプロメテウスの臓器技術者(別名: 医師と看護士)によって行われる。

- ラナの研究室


ラナの研究室

ラナ・ピアース博士は謎のDNA配列を調査している。人間から抽出されてはいるが、この配列は人間の臓器には見られない。

- ルースの家


ルースの家

親切な見知らぬ人物がラナの母親を病院から連れて帰る。安らかに死を迎えることができるように。しかし、これはウィルとラナを暗殺するための罠であった。

- ローズマリーの家


ローズマリーの家

ウィルの母親が偽名で30年間暮らしている。罪の報いを受けるときがとうとうやってきた。

プロメテウス プロメテウス社の成功は、シンビオジェネシス社が成功したためにもたらされた、皮肉な結果であった。ケン・ギャレットのテロレストアのおかげで人間は通常の2倍の約160歳まで生きることができるようになり、100年経過すると使いものにならなくなる傾向がある臓器の移植用の臓器が必要になったためだ。

これらの代わりの臓器には腎臓、網膜、血液の生産細胞、心臓等も含まれている。

シンビオジェネシス社 は「ブランデンバーググループ」の非公開投資会社によって設立された。数年の間に、陰謀マニアがアラブの王族、イスラエルのシークレットサービス、フリーメイソン、アニュス・デイと結び付けようとする。

初期の活動の一環として、死が迫った21世紀の多くの億万長者に信頼された頭部冷凍保存のスペシャリスト、クライオコンシェルジュを買収。



最終的に2099年の階級戦争のきっかけとなる違法な頭部クローンプログラムに発展するプロジェクトを統括するため、ギャレット博士が招へいされる。

幹細胞の老化を逆行することで寿命を2倍にする吸引型のテロレストアが大きな成功を収めたため、シンビオジェネシスは非公開主義を容易く維持する。

シンビオジェネシス社は、瀕死の人間から意識をクローンにダウンロードするため、「超人間主義プロジェクト」を採用した。ギャレットが認可を待つことなく、問題のあるこの技術を推し進めているという噂が広がる。

エタニティ エタニティはチャットルームのアプリを介して始まった。しかし、すぐに没入型エンターテイメントとしての実現性が高まった。数年を経て、エタニティ社の「ポルノインタラクティブ」はサイバー空間の肉体関係を感覚を必要とすることなく楽しむ方法として定着したのだった。

  1. まず、ヘルメットが画像にとって代わり、
  2. 次に、モーション・キャプチャーが双方向性を新たなレベルに引き上げ、 >li>
  3. 最後は、バーチャルヘルメットだけで触る感覚さえもエンコードされた。
人気の高い女優は往年の名作で生計を立て、中には70台でも現役を続ける人物もいる。

超人間主義 超人間主義とは意識の模擬と人工的な繁殖の延長線上にある論理である。新合弁会社の目標は以下の2つである。

  • 顧客が意識を新たに製造した本人と同一のクローンにダウンロードすることができるようにする
  • 種をリエンジニアし、老化を排除して、自然に不死の人間を生成する